愛犬との旅行を安心で楽しく過ごす為にどのような用意をしていますか?
旅行中、愛犬を快適に過ごさせたい。
周りの人に迷惑をかけたくないなど様々なシーンを想像すると
何を持って行ったら良いか迷ってしまいます・・・

「犬旅」では旅する愛犬家の旅行が素晴らしい体験であるだけではなく、
旅行先で会う、さまざまな人たちにも配慮できるような
準備情報をまとめました。

では、順番にみていきましょう。

旅行中のペットフード

いつも食べてるものを用意しましょう

愛犬がいつも食べているものを用意しましょう。
旅先で慣れないものを食べて体調を崩して、動物病院に行くことになったり、
旅行を中止しなければならなくなる可能性を避けましょう。

手作り食よりもドライフードが安全です

普段、手作りの食事を愛犬にあげている愛犬家も多いと思います。
でも、旅行中、特に夏の暑い時期の旅行は、なかなか適温での保存が難しいです。
であれば、旅行中は、ドライフードのほうが日持ちもしますし、
保存も比較的簡単です。
また、旅行先で、電子レンジ等の調理器具が必ずしもあるとは限りませんよね。

必要量をジップロックに1食分ずつ、小分けに入れて持っていく

旅行先では、ドライフードを計量する道具がないこともありますし、
サービスエリア等の外で愛犬に食事をあげなければならない場合もありますよね。
その際でもすぐに食事があげられるように1食分を小分けして、
準備を整えておくと便利です。

デリケートなワンちゃんには慣れたフードボウルを

もし、あなたの愛犬がデリケートだった場合、
もしかしたら、いつもと違うフードボウルというだけでお水を飲まなくなったり、
フードを食べられなくなったりすることがあります。
人間も枕が変わると寝れないことがありますね。
普段、使い慣れたものを持ってきましょう。

トイレ用敷物とトイレシート

トイレシートの下に敷くための敷物を用意しましょう

トイレトレーが準備されている宿泊施設はほとんどありません。
また、トイレトレーが準備されていても他のワンちゃんのにおいがして、
用をたすことができない可能性がありますよね。
やはり、愛犬専用の敷物を持参しましょう。

1泊2日分で「ワイド3枚+レギュラー6枚」

トイレシートが準備されているペット同伴可の宿泊施設も増えていますが、
ペット用グッズが一切、準備されていない施設もあります。
ですので、愛犬が使っているいつものトイレシートを持参しましょう。
もちろん、愛犬の大きさにもよりますが、ワイド3枚+レギュラー6枚あれば、
チェックインタイムからチェックアウトまで、お部屋でトイレをしたとしても
十分ではないでしょうか。

トイレシート用のゴミ袋も持参しましょう

使用したトイレシートをまとめて捨てるゴミ袋も用意しましょう。
人間用のゴミ箱に捨てる人はいないと思います。
しかし、トイレシート用のゴミ袋まで用意されている宿泊施設は少ないので、
コンビニ袋等が2枚程度あれば安心です。
また、できれば持ち帰るのがマナーですが、持ち帰れない場合には、
においが漏れないようにしっかりと袋の口を閉めて、
お掃除担当の方にもわかるように、そっと置いておきましょう。

ベッド、クレート、キャリー、カート

愛犬用のベッドは、いつも使い慣れたものを

ベッドが変わるとなかなか寝付けないことがありますよね。
愛犬も同じです、いつも寝ている愛犬用のベッドを持参しましょう。
もし、毛布やマット等があれば、一緒に持参しましょう。
きっと、慣れない場所で疲れた愛犬も、ぐっすり寝てくれますよね。

クレートは移動にも利用可能

例えば、チェックインするロビーでは、ワンちゃんが苦手な方もいらっしゃいます。
また、部屋までの移動時にも、他のお客様とすれ違う可能性もあります。
こんなときに備えて、愛犬がすっぽり隠れるクレート、キャリーを用意してください。
チェックインの手続きに少々時間がかかっても、
愛犬がクレートに入っていれば、安心ですよね。

観光施設や飲食店を楽しむために

キャリーやカートに入っていれば、愛犬と一緒に楽しめる施設や飲食店があります。
特にご当地グルメ、歴史的な寺院、アミューズメント施設、等、
旅行先にしかないところを愛犬と一緒に楽しめたほうがいいですよね。
粗相しない、ムダに鳴かないのであれば、
まだまだいろいろと愛犬と一緒に楽しめるところがあるはずです。

震災等にも備えて。

万が一のことがあっても、ベッドやクレートで寝る習慣を身につけていることで、
怪我の予防にもなりますし、避難所にも受け入れられる可能性が出てきます。

洋服

他のお客様に配慮して、洋服を着せましょう

洋服は、オシャレ、ファッション目的以外にも、抜け毛防止にも役立ちます。
特に、レストランやロビー、廊下等のパブリックスペースには、
ワンちゃんが苦手なお客様やペットアレルギーのお客様もいらっしゃいます。
できるだけ、他のお客様に配慮するようにしましょう。

洋服は体温調節にも効果があります

旅行中は、普段生活している場所とは違う気候、違う気温になることもあります。
夏は、熱中症対策として体温調節できる機能性洋服を持参する、
冬は、1枚はおれる上着を用意する等、
ちょっとだけ荷物になりますが、気温の変化に対応できる準備をしておけば安心です。

そしていつも清潔に

ドッグラン等で遊んで汚れた服は着替えて、
清潔な洋服でチェックインするとよりいいですよね。
旅する愛犬家も、そうでない方も、お互いに気持ち良く旅行できるように、
旅する愛犬家のほうが配慮できるとより、素晴らしいですよね。

ケアセット

ブラッシング用ツール

旅行先で、愛犬もたくさん遊びましたよね。
チェックインするとき、もしくは寝る前に、愛犬の1日の汚れをきれいに落として、
すっきりしましょう。ここでも、他のお客様、次のお客様、
掃除担当の方に迷惑にならないように配慮しましょう。

普段、使っている歯ブラシと歯磨き粉

もしかしたら、愛犬にも旅行先での特別な食事をプレゼントしたかもしれません。
歯周病、お口のにおいを防ぐために、愛犬の歯をきれいに磨きましょう。
同時に、歯周病予防のスプレーもあると安心です。

夏は、虫よけスプレー

夏は、外だけではなく、部屋の中にも蚊がいることがありますよね。
人間用ではなく、愛犬用の素晴らしい虫よけスプレーも出ていますし、
ハーブを使った香りのよいものもあります。
外で遊ぶ前にシュッっとスプレーしておけば、虫さされ予防になります。

思い出ツール

カメラ

愛犬との旅行の思い出が、これからの生活に役立つように、
記録をたくさん残しましょう。
ドッグランで走る愛犬を連写機能を使って撮影。
いつもよりも幸せそうな愛犬の寝顔をカシャ。
そして、旅する愛犬家の食事、すばらしい景色、
旅行にはたくさんの被写体があります。
どんどん撮影して、家に帰ってから、記憶と記録を整理しましょう。
写真さえあれば、ブログ、パソコンや携帯の壁紙、年賀状等、
愛犬の思い出を置いておく場所がたくさんあります。

ひと味違う、デジタル一眼レフと望遠レンズ

旅行先でしか見られない愛犬の表情、季節の風景、旅先で出会う人たち、
もっと美しく深く記録しておくためには、デジタル一眼レフがあったほうが
いいですよね。
そして、ちょっとがんばって、望遠レンズが用意できると、さらに幅が広がります。
地元の写真コンテスト、ネット上の愛犬フォトコンテスト等に出せば、
かけがえのない思い出がどんどん広がります。

そして、スマートフォン

旅先では、いろいろなイベントが発生します。
愛犬とおいしく食事できるレストラン、愛犬と遊べるドッグラン、
雨でも愛犬と楽しめる施設等、調べる場面も出てきます。
また、今、撮影した愛犬の表情をネットにアップしたいこともありますし、
友達に伝えたいこともありますよね。そんな時に、スマホは必須のツールです。

おもいやり

カフェマット、ブランケット

季節に応じて、夏はすずしい素材、冬はあたたかい素材のカフェマット、
ブランケットを用意しましょう。夏は保冷、冬は保温に役立ちます。
普段から使い慣れたものだと愛犬も安心ですね。
寝るとき、写真撮影の時、そしてカフェで着席する時、等、いろいろな場面で
活躍します。
レストラン、カフェでは、カフェマットを敷けば愛犬も
椅子に座らせていただけるお店もあります。
他のお客様に愛犬が踏まれるようなトラブルも防げますし、
椅子を汚さないように、お店への配慮も必要ですね。

周囲への思いやり

旅行では、実にいろいろな人と出会います。電車の中、サービスエリア、お店、
ホテル、観光地、普段の生活で出会う人とは違う人と出会う、
これは旅の醍醐味ですよね。
愛犬と歩いていれば、声をかけてくれる愛犬家の方もいれば、
「なんでここに犬がいるの?」という人にも出会います。
でも、旅先で出会う全ての人に迷惑をかけないように、ちゃんと配慮できる
愛犬家になりたいですね。

愛犬への思いやり

いつも旅行に一緒に来てくれる愛犬に感謝の気持ちを込めて、準備万端にしましょう。
2時間に1回休憩する、トイレに定期的に連れて行く、
いつもと同じ食事、いつもと同じベッド等、
愛犬のストレスが少しでも軽減できるような工夫ができるといいですよね。
旅する愛犬家も愛犬も大喜びできる旅行になりますように。
犬旅ドットコムが少しでもお手伝いできると幸いです。

Copyright 2012-2016 犬旅.com All Rights Reserved. 「犬旅」は、アッツワークス株式会社の登録商標です。